〒659-0094 兵庫県芦屋市松ノ内町10-18

  • 0797-32-3399
  • 0797-32-9293
新患専用の受付です。

6種複合免疫療法

  • HOME
  • 6種複合免疫療法

6種複合免疫療法は、私たちの体の中にある免疫細胞を使った療法です。
採血によって免疫細胞を取り出し、培養して活性化・増殖した免疫細胞を、点滴により体に戻します。
そのため副作用が少なく、患者様の体への負担も小さくすることが可能です。
採血の分量は約30㏄と少量で、治療は20~30分で済みます。
入院する必要がないため、患者様の生活のリズムを変えることなく治療を行うことができます。

6種複合免疫療法
(外部リンク)

~6種複合免疫療法とは~

がん免疫療法の1つで、私たちの体の中にある免疫細胞を一度体外へ取り出し、活性化・増殖させて体内へ戻し、がんと闘う力を増強させる療法です。 それぞれ役割が異なる6種類の免疫細胞が1つのチームとなって働くことで、より高い効果を目指します。

~採血と点滴による治療~

6種複合免疫療法では、30㏄の採血により一度体の外に免疫細胞を取り出し、6種類の免疫細胞を培養によって同時に活性化・増殖させます。約3週間の培養により、1,000~2,000万個だった細胞が、20~50億個にまで増殖します。活性化・増殖した免疫細胞を点滴の形で投与し、再度体の中に戻します。